高給の薬剤師求人サイト<人気エージェントの最新ランキング>

高給の薬剤師求人サイト TOP >> 希望職場別のポイント >> 管理薬剤師として転職して年収アップ

管理薬剤師として転職して年収アップ

薬剤師の有資格者のなかには、管理薬剤師として転職をして年収をアップさせたいと考えている人もいるでしょう。管理薬剤師というのは、薬の製造や販売、取り扱いに関して管理する立場にある薬剤師のことです。病院や薬局、ドラッグストアなどは必ず配置しなければいけないことになっています。ですから、医薬品卸業や製薬会社などからの募集も行われており、管理薬剤師としての立場や価値は高く評価されているのだと言っていいでしょう。

そのいっぽうですぐになれるものではなく、ある程度実務経験を積んだ人が任される責任ある立場なのだと理解していいでしょう。そのため、通常の調剤業務などを担当する人に比べて給与が高くなっていると考えられます。ですから、転職を希望している人のなかには、管理薬剤師として採用されることで、それまでの年収からアップするのを期待している人も多いのだというわけです。もちろん、そのためには知識や能力も必要になるのだと理解していいでしょう。

薬の知識だけでなく、薬事法や医療保険などについての知識も欠かせませんし、管理者としての適性も求められます。マネジメント力や調整力なども必要になってくる立場なのだと理解していいでしょう。給与に関しては責任者としての手当が付くことになることで、ふつうの薬剤師に比べて年収がアップすることが多いのだというわけです。仕事はハードになりますが、それだけやりがいのある仕事が任されることが多くなるのです。

管理薬剤師が求められる職場のなかには、病院のほか、薬局やドラッグストアなどでも求人を出していることがあります。ドラッグストアの場合は、医薬品の管理だけでなく、通常の接客業務も大切ですし、在庫確認や商品ディスプレイのチェックなど、店舗全体の管理を任される立場になることも考えられます。ほかに店長やオーナーがいたとしても実質的な運営を任されることで高給与をもらうことができるというケースも考えられるでしょう。

このように、転職して管理薬剤師として働くことになれば、それまでよりも年収をアップさせることができるでしょう。求人情報を探すときには転職エージェントを活用するのが効率が良いと言えます。全国からたくさんの情報が集まってきていますし、自分の希望する条件で非公開求人をはじめとする高給与・好条件のものを紹介してもらうことができるでしょう。登録は無料になっていますし、コンサルタントに相談もできます。履歴書の書き方から面接対策でもアドバイスをもらうことができるのです。

>>転職で年収アップを実現!薬剤師求人ランキングを見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 高給の薬剤師求人サイト<人気エージェントの最新ランキング> All Rights Reserved.